ハッピーな女性
ジェイゾロフト通販でうつ病改善   >   医薬品個人輸入は難しい?

医薬品個人輸入は難しい?

飛行機

個人輸入にはっきりとした定義はありませんが、一般的にいうと「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること」です。

日本では、数々の品が個人輸入で入ってきており、医薬品もその中のひとつです。「えっ、医薬品なんて病院や薬局で買えるじゃない」と思う方もいるでしょうが、医薬品といっても日本の厚生労働省から認可を得ていないために国内で販売されていない薬も数多く存在します。また、個人輸入を利用する人の中には、忙しくて病院へ行く時間がなかったり、個人輸入で買った方が安いからという方もいたりするのです。

個人輸入で海外の薬を買うことは病院処方よりも時間とお金の節約になりますが、自分ですべて行う場合は外国語を理解する必要がありますし、トラブルも少なくありません。トラブルが発生しても、自分ですべて解決しなければいけないので難しいと言えます。

そこで便利なのが、個人輸入を代行する業者です。彼らは日本国内で通販サイトを運営しており、購入希望者がサイト内で欲しい薬を注文・購入すると、業者が代わりにメーカー側に発注をかけて、指定の日本の住所まで薬が送られるように手配してくれます。

業者に個人輸入の代行を依頼すると高くつくのではないかと心配するかもしれませんが、それでも病院で医師から処方してもらうよりもずっと格安です。

これを読んでぜひ薬を通販サイトで注文・購入したいという方は、『お悩み宅急便』という医薬品専門の通販サイトを利用することをオススメします。お悩み宅急便は初心者でも使いやすい医薬品通販サイトで、正規品保証やまとめ買い割引などメリットもたくさんあります。